沖縄県は沖縄県へ戻る人も多いらしい

沖縄の人は仕事で沖縄から出て県外へ行っても戻ってくる人も多いそうですね。

沖縄県の人は期間工として、期間ごとに働き、仕事がない時期は沖縄へ戻るという人も多いそうです。

沖縄県の人は家族が好きらしく、沖縄県外に出るにしてもあまり遠くへは行きたがらない、できるだけ沖縄県に距離が近いところへ行きたがる人も多いそうです。

昔は沖縄県の人は大阪や関西、神奈川県へ行く人も多かったそうで、沖縄県の人が集まる公園や店と言うのもあったと聞きました。

地理的にも遠い上、日本復帰が遅れ、元々琉球王国ということもあって、少し日本とは文化や習慣など違う部分もあるようです。

 

 

 

早子先生、結婚するって本当ですか?の視聴率が4%台に

松下奈緒(31)が主演のフジテレビ系主演ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」は視聴率が5%を割ったそうです。

5月5日の第3話の平均視聴率が4・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

世間の反応ではドラマの内容があまり良くないとか、内容より出演者に力を入れた感じ
などという風にも言われていますが。

最近は無料で期間限定の見られる動画、ティーバーというものもあるので、見れなければ動画でいいやと言う人もいるのかもしれません。

ティーバーを少し見てみましたが、期間限定なので番組そのものの数があまりない気がしました。

ニッチェの江上敬子が出雲大社で結婚式を挙げる

お笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子さんが2016年5月に島根県の出雲大社で挙式を行うそうです。

白無垢用のかつらが入らないなどもあったそうです。

昔はバンドマンと交際、結婚相手は当時39歳の男性だったり、思った以上にもてるのですね。

前にも大手IT会社員と合コンをしたという話もしていました。

体型はどちらかと言えば太っている方になると思いますが、
消極的にはならずに積極的なところも理由なのかもしれませんね。

江上敬子さんが島根県出身とは知りませんでした。

たしかイモトアヤコさんも島根県だったと思います。

鳥取県のタレントと言えばというとなかなか思いつかないので、島根県と鳥取県はけっこう違うのでしょうかね。

 

 

 

フジテレビ僕のヤバイ妻の視聴率が下落3話まで

フジテレビで放送中の連続ドラマ「僕のヤバイ妻」の視聴率があまりよくないということで話題になっていました。

平均視聴率が6・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

初回(4月19日放送)8・3%。第2話(同26日放送)7・7%。第3話(5月3日放送)の平均視聴率が6・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

もともと10%を超えない程度なので期待されていたドラマでもなさそうです。

だいたい1%は全国では100万人の変動、関東だけなら35万人の変動となるでしょうか。

僕のヤバイ妻は社長令嬢か、資産家の娘と結婚していて窮屈な暮らしをしている男が妻の本性をどんどん知っていくという話でした。

世間的には評判のいい妻ではあるものの、夫には徐々に異常な風な姿を見せていっていました。

人それぞれではありますが、妻のやばい姿を描いた部分はそれほどおもしろくもないというか、中心となるのは妻の言動と言う感じなので話の内容は少し物足りないように感じました。

 

 

 

 

好きな県と嫌いな県のランキング

好きな県と嫌いな県のランキングが出ていました。

好きな県は北海道、神奈川、沖縄の順、
嫌いな県は大阪、青森、島根でした。

北海道は行って良かったと思う観光地でも上位だったので、
観光地がいいとその都道府県の印象もいいということみたいですね。

たしかに北海道や沖縄など観光地の場所と言うのはそこの住民の人々も県外へ出てもいつかは戻ってくるということが多いそうなので、景色や風景と郷土愛と周りの印象と言うのは関連しているのかもしれません。

人の心と言うのは時と場合によっては対立しあうものですが、
自然は対立しあうことはないですからね。

自然によってはぐくまれる心というものなどもあるのでしょうね。

 

北海道産マスカルポーネチーズ使用!大人のティラミス「ヴェネット」魅惑のイタリアン・ドルチェまとめ買いならおまけ付き!※北海道、四国、九州、沖縄、一部離島は追加送料あり【あす楽対応_東北 関東 甲信越 北陸 東海 近畿】

 

 

ワードプレスに忍者のアクセス解析を設置

ワードプレスに忍者のアクセス解析を設置してみました。

忍者で登録してタグを取得、までは分かるのですが、その後はワードプレス画面の
左横からテーマの編集を選んで</head>の直前に貼り付ければよいみたいでした。

大まかに言えばタグをテーマの編集を選んで</head>の直前に貼り付けるということでした。

ダウンロードタイプもありましたが、よく分からず、難しく、うまくいきませんでした。