小林麻央が亡くなってからあと少しで1年

小林麻央さんが他界されてから6月で1年になりますが、若くして亡くなっただけに家族も同じ体験をした人と言うのもあまりいないでしょうし、辛いことも多いでしょうね。

小林麻耶さんは麻央さんの子供達との距離はいろいろ気を使っているみたいでその悩みもあるんでしょうかね。

小林麻央さんが亡くなる前はおいやめいがかわいいとか、写真をいっぱい撮っているという風に言っていた気がします。

小林麻央さんにかわいがりすぎとか夢中になりすぎ見たいなことを言われていた気がしますが、今では小林麻耶さんは母親代わりのような立場ではないみたいですね。

市川海老蔵さんの密着取材でも、小林麻耶さんの姿は放送されず家族とか歌舞伎関係者と言う扱いではないようです。

小林麻耶さんも小林麻央さんとは違うんだということを改めて感じたのかもしれませんが。

小林麻央さんがブログを始めてから1年後には小林麻央さんが亡くなっていてブログを書くことはありませんでしたが、今思うとブログをはじめようと思うほど何か残そうと思うほど病状はあまりよくなかったんでしょうね。

市川海老蔵さんは仕事上、結婚相手が必要らしく周囲からも結婚をすすめられているみたいですね。

今でも子供の世話などお手伝いさんがやっているみたいですが、歌舞伎の仕事をしながら子供の世話の一部もやっていくのもなかなか大変そうです。

かんげんくんは歌舞伎の道に進むことを決断したみたいですね。

以前はもう舞台は終わりでしょとかあまり気持ちがついていかない様子でした。

市川海老蔵さんも以前は本人の意思を尊重するとか、無理にはさせないとは言っていたものの稽古や舞台はやはりやらなければならないこととして指導しているようでした。

母親がいない大変さもあるでしょうし、稽古の大変さもありそれを支える人とか気を使わずに話せる人は母親以外はそうはいないでしょうし、市川海老蔵さんよりも大変かもしれませんね。

祖母はいるのに母親がいない子供というのは時々いますが、小学校入学前に亡くなる場合というのはそんなには見かけませんし、祖母から亡くなりその後母親の番がやってくるもんだと思うのが自然にも感じますが、年齢が高い人から順に亡くなるというわけでもないもんだなと考えさせられます。

とは言え小林麻央さんの母親も医療の技術によって今も元気なわけであってもし医療がなければ小林麻央さんよりも先に亡くなっていてもおかしくはない状況だったそうですし、それを考えれば小林麻央さんの母親の方が先で、親の方が先という一般的な順だったのかもしれませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です