5月は日の出日の入りの変化が大きい

4月頃から日の入り日没が早くはなりましたが、5月あたりになると1週間でもかなり明るさが違ってきますね。

朝の日の出も1週間でずいぶんと違いを感じます。

日の出日の入りの早さ遅さは同じ時期に重なるわけではなく、日の出が早いのが5月で、日の入りが遅くなるのが6月らしいですね。

どちらも同じ日に重なって夏至ではなく、日の出がやや遅くなったあたりに夏至となるそうです。

なんとなく朝の日出が早いのは6月7月だと思い込んでいましたが。

1月頃から3月あたりまではそんなに日の出も変わらないと思っていましたが、短期間で急激に変化することもあるんですね。

とは言えどの月でもやはり遅くなったり早くなったり変化はしていはいますが。

5月になるとやや雨の日が増える気がしますね。

雷が鳴る時もありますが、雷は12月など真冬でも発生しますし、一年を通して発生するもののようです。

5月にはもう蚊が飛び始めたり、蛙の鳴き声が聞こえ始めたり、夏と言う感じがします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です