5月は日の出日の入りの変化が大きい

4月頃から日の入り日没が早くはなりましたが、5月あたりになると1週間でもかなり明るさが違ってきますね。

朝の日の出も1週間でずいぶんと違いを感じます。

日の出日の入りの早さ遅さは同じ時期に重なるわけではなく、日の出が早いのが5月で、日の入りが遅くなるのが6月らしいですね。

どちらも同じ日に重なって夏至ではなく、日の出がやや遅くなったあたりに夏至となるそうです。

なんとなく朝の日出が早いのは6月7月だと思い込んでいましたが。

1月頃から3月あたりまではそんなに日の出も変わらないと思っていましたが、短期間で急激に変化することもあるんですね。

とは言えどの月でもやはり遅くなったり早くなったり変化はしていはいますが。

5月になるとやや雨の日が増える気がしますね。

雷が鳴る時もありますが、雷は12月など真冬でも発生しますし、一年を通して発生するもののようです。

5月にはもう蚊が飛び始めたり、蛙の鳴き声が聞こえ始めたり、夏と言う感じがします。

 

新潟県の女児の事件

新潟県で女児が亡くなる事件が発生しましたが、親は帰宅時間が遅いと感じた5時頃に警察に連絡するなどかなり対応が早かったみたいですね。

それだけほとんど毎日家へまっすぐ帰宅するとか、習い事の予定があっていつもは時間通りに帰るのにとかそういう理由があったんでしょうかね。

あるいは一人っ子などで親が帰宅時間にはかなり心配する環境だったのかもしれませんが。

普通だと5時までに帰らなくても明るい時間帯だから事故でなければほぼ無事に帰ってくる可能性が高いはずですが、まさか亡くなってしまうとは。

私の近所でも子供が夜になっても帰らないという騒動がありましたが、その後無事に見つかったそうで、行方が分からなくなったことに早く気付いたからといって大丈夫なわけではないんだなと意外な感じもしました。

逆に捜索が遅くなっても無事に帰ってくる場合もあったり、いろいろな状況があるんですね。

現場はそれほど田畑が広がる場所で人が全くいないという感じでもないですし、住宅街でまさか子供が連れ去られるとは思わないでしょうね。

親ももし何かあるならば事故とか、何か嫌なことがあってどこかで過ごしているんだろうと思うようなそういうこと以外は発生しそうにない場所にも感じましたが。

今までも子供が亡くなることはありましたが、行方不明になっても空いている室内で過ごしていたとか、道端に座っていたとか、誘拐にしても元気で発見されたということがあっただけに両親も元気でいる可能性はそう低くはないんじゃないかと予想されていたんじゃないでしょうかね。

10歳になる前にこどもが亡くなり、しかも事件でいろいろとテレビや新聞で大きく取り上げられるとなると気持ちの面でもさらに辛いでしょうね。

世間の声の中には子供の送り迎えをすればよかったと母親も自分を責めてしまっているんじゃないかなど色々な声もありましたが、どんなことでも完璧に防ぐことはできませんし、夜ならまだしも昼なら警戒しないものでしょうから。

アメリカでは子供の送り迎えは親が担当するようになっているそうですが、社会構造や危険の度合いも違うでしょうし、その他家から学校までが遠いなどもあってそれをきっかけに保護者達が送り迎えをする習慣ができていったのかもしれませんし。

今は社会と個人や家族との関わりも薄れ、地域住民の見回りや監視なども親がやった方がいいとか他人は必要以上に関与しない方がいいんじゃないかとか、疑われてしまう場合もあるなどが理由で積極的ではない風潮もあるみたいですね。

もし見回りや監視の中で事件や事故が発生したら、役割を怠ったとか防げた事件事故だと裁判になる場合もあるかもしれませんし、なかなか重い責任が発生するというか、なかなか難しい時代でもあるんでしょうね。

千葉県では登下校見守りの関係者が犯人でしたし、疑われる対象の一人にはなるでしょうし、親にとっても信用できない部分もあるんでしょうしお互いに距離を置くような社会にはなってそうですが。

そういう理由以外にも地域住民がさらに高齢になり外出できない人が増えたなども原因でしょうね。

 

 

 

小林麻央が亡くなってからあと少しで1年

小林麻央さんが他界されてから6月で1年になりますが、若くして亡くなっただけに家族も同じ体験をした人と言うのもあまりいないでしょうし、辛いことも多いでしょうね。

小林麻耶さんは麻央さんの子供達との距離はいろいろ気を使っているみたいでその悩みもあるんでしょうかね。

小林麻央さんが亡くなる前はおいやめいがかわいいとか、写真をいっぱい撮っているという風に言っていた気がします。

小林麻央さんにかわいがりすぎとか夢中になりすぎ見たいなことを言われていた気がしますが、今では小林麻耶さんは母親代わりのような立場ではないみたいですね。

市川海老蔵さんの密着取材でも、小林麻耶さんの姿は放送されず家族とか歌舞伎関係者と言う扱いではないようです。

小林麻耶さんも小林麻央さんとは違うんだということを改めて感じたのかもしれませんが。

小林麻央さんがブログを始めてから1年後には小林麻央さんが亡くなっていてブログを書くことはありませんでしたが、今思うとブログをはじめようと思うほど何か残そうと思うほど病状はあまりよくなかったんでしょうね。

市川海老蔵さんは仕事上、結婚相手が必要らしく周囲からも結婚をすすめられているみたいですね。

今でも子供の世話などお手伝いさんがやっているみたいですが、歌舞伎の仕事をしながら子供の世話の一部もやっていくのもなかなか大変そうです。

かんげんくんは歌舞伎の道に進むことを決断したみたいですね。

以前はもう舞台は終わりでしょとかあまり気持ちがついていかない様子でした。

市川海老蔵さんも以前は本人の意思を尊重するとか、無理にはさせないとは言っていたものの稽古や舞台はやはりやらなければならないこととして指導しているようでした。

母親がいない大変さもあるでしょうし、稽古の大変さもありそれを支える人とか気を使わずに話せる人は母親以外はそうはいないでしょうし、市川海老蔵さんよりも大変かもしれませんね。

祖母はいるのに母親がいない子供というのは時々いますが、小学校入学前に亡くなる場合というのはそんなには見かけませんし、祖母から亡くなりその後母親の番がやってくるもんだと思うのが自然にも感じますが、年齢が高い人から順に亡くなるというわけでもないもんだなと考えさせられます。

とは言え小林麻央さんの母親も医療の技術によって今も元気なわけであってもし医療がなければ小林麻央さんよりも先に亡くなっていてもおかしくはない状況だったそうですし、それを考えれば小林麻央さんの母親の方が先で、親の方が先という一般的な順だったのかもしれませんが。

2016年夏の歌番組の視聴率

「FNSうたの夏まつり2016 海の日スペシャル」の平均視聴率が、午後7時から9時の時間帯で10・9%だったそうです。

今年は夏の歌番組が多いようには感じました。

FNSうたの夏まつりは昔の曲を若い世代と一緒に歌うという水曜歌謡祭系の番組のようですが、そもそもその番組も最近の歌番組の中ではいい方だったので続けては欲しかったですが。

うたの夏祭りは午前11時台から午後の11時台まで放送と言う長時間番組でしたが、やや長すぎというか一度にまとめて放送してしまうのかと言う感じはしました。

製作費なども一度での放送の方が経費削減になるのかもしれませんが。

他局では6月29日放送のテレビ東京「テレ東音楽祭」(後7時~)が7・9%、7月2日放送の日本テレビ系「THE MUSIC DAY」(後7時~)が14・2%、7月16日放送のTBS系「音楽の日2016」(後7時~)が10・6%だったそうです。

今はCDがあまり売れない時代とも言われますが、CDが売れないだけであって音楽の人気度は昔とあまり変わらないのかもしれませんね。

自民党谷垣禎一幹事長がまた自転車事故、手術を受けていた

自民党の谷垣禎一幹事長が自転車で転倒して入院したそうですね。

ヘルメット着用のスピードが出るスポーツタイプの自転車だったそうです。

脊椎を痛めて手術を受けたそうですが。

年齢が71歳なので驚きました。

スポーツタイプの自転車はだいたい30代から50代あたりの人が乗っている印象なので70代は異例なのではないでしょうか。

しかもだいたい自転車専用の道を走行するとか、そのために移動するという印象もありますが。

自転車走行向けの道でもカーブがあったり、人とぶつかるのではないかという道もあるので、事故の可能性が高いスポーツではありそうです。

前にも谷垣禎一さんの自転車事故のニュースは聞いたことはある気がしましたが、事故は1度ではないらしいですね。

時々いる事故にあってもまた挑戦する人々のような精神で今も乗り続けているという感じなのかもしれません。

自転車に乗っている時に気を付けたいことは基本的には急がない、夜はスピードは出さない、歩くよりは楽で少し早いだけでもましかなと思う程度、慣れない道は夜は走行しないなどが考えられるとは思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

小林麻耶、37歳の誕生日、まだ体調は回復しない

姉でフリーアナウンサーの小林麻耶さんが誕生日だったそうで
37歳になったそうです。

今も体調があまり良くはないようで身内だけで静かに祝ったそうです。

姉の麻耶さんは麻央さんの代わりに家にいて子供の世話などをしていたそうですが、海老蔵さんの家にはお手伝いさんなどもおられるそうなので、すべての世話をしなければならないというわけではないと思うので、肉体的疲労の面ではそれほどないと思いますし、家事や子育ての手伝いからきたのかは分からないですね。

麻央さんの病気や悪化したのではないかと言う麻央さんの病状が負担になっているのかと言う感じはしますが。

麻央さんの様子がほとんど出てこないので心肺されますが、病状が悪いという情報も会見以降は出てきてないのであまりよくは分かりませんが。

まだ入院しているのか、準備をすると言っていた手術は行ったのかなど、ほとんど分からない状態ではあります。

 
セロトニン サプリ 【リラクミンSe】ラフマ葉エキス・クワンソウ・ギャバ(GABA)配合 サプリメント不眠で睡眠薬・睡眠導入剤・睡眠改善薬に頼りたくないセロトニン/更年期/睡眠/睡眠サプリ/メラトニン【10P09Jul16】

大分市の高崎山自然動物園の赤ちゃんザルの名前決定

大分市の高崎山自然動物園(大分市神崎)で5月6日、今年初めての赤ちゃんザルが生まれ名前が決まりました。

名前はリオになったそうで、どうやらオリンピックにちなんだ名前らしく普通でした。

去年のシャーロットに比べると無難で普通な名前でした。

去年のシャーロットは悪意があるのではないかとか悪ふざけの心があるのではないかとも言われていましたが、今回悪い印象の名前ではないので去年も真面目に誠実に常識のある範囲内で考え応募され選ばれたのがシャーロットだったのでしょうね。

今年はこのほかにもゴリンやゴロウマルなどの応募があったそうです。

北海道新幹線の利用客数ゴールデンウィークは

北海道新幹線の利用客数ニュース。

大型連休期間(4月28日~5月8日)の北海道新幹線の利用実績をまとめたは前年同期の在来線特急(夜行列車除く)と比べて2・2倍10万7600人だった。

札幌まで開通しないとあまり効果がないという声もありますが、中にはできるだけ飛行機を使わずに函館や札幌まで行きたいという人もいるかもしれませんし、さまざまなのでしょうかね。

 

 

イギリストーストが北海道でも販売された

工藤パン(青森県青森市)のロングセラー商品「イギリストースト」が、21~27日に札幌市のさっぽろ東急百貨店で開かれた催事「お国自慢味・技くらべ」2日間札幌市内のデパートの催事で販売された。

たしかこのイギリストーストは日本テレビのケンミンショーなどで紹介された気がします。

 

名前をイギリスパンと間違えてしまいそうです。

マーガリンとグラニュー糖が味付けされていて、50年前から販売されているそうです。

青森と北海道なら遠くはないし、買おうと思えば買えるのではないかと思いますが、懐かしみながら購入した人もいたそうです。

東北の食品と言えばどちらかと言えば全国で売ろうとはせず、地域にこだわり地域での販売に専念している感じです。

なので知らない食文化が多くあるように思いました。

 

イギリストーストで有名な青森の工藤パンのニューラスク(ミルク)4枚入り

 

 

 

SMAPの中居正広、笑福亭鶴瓶、ナインティナインの岡村隆史が被災地熊本を訪問

SMAPの中居正広(43)さんとタレントの笑福亭鶴瓶(64)さんとナインティナインの岡村隆史(45)さんが熊本地震の支援のために熊本県南阿蘇村の久木野総合福祉センターの避難所へ訪問したそうです。

きっかけは14年にNHK「鶴瓶の家族に乾杯」で南阿蘇村を訪問し、そこで知り合いができ提案したことだったそうです。

他の2人も仕事がなく行くことになったそうです。

支援した物資は、サーティワンアイスクリームのカップ入りアイス、ペットボトルの麦茶100本以上、携帯ゲーム機ニンテンドー3DS数台とソフト、クッキーや消毒液など。

他の2人はもちろんのこと、中居正広さんはとくにコンサートや練習などで忙しいという印象があるので、行くとなったら睡眠時間なしか1、2時間程度、飛行機の中だけとかそれほどの時間割りになるのではないかと思っていたので凄いです。

でも休みの日はあるのですね。

中居正広さんは歌や振り付け、移動などで多忙そうですし、いいともがあった時期はさらに大変だったのではないかと思ってしまいました。

その他今回とは別に被災地へ訪れた有名人では紗栄子さん、佐々木希さん、伊勢谷友介、ハリル監督、手倉森監督、ローラさんなどがいます。

逆に熊本県出身のタレントのくりーむしちゅーやショーン川上マクアドルさん、元熊本県知事細川護熙さんなどはどうだったのかも気になりました。

元熊本県知事細川護熙 さんの息子は陶芸家として熊本県に在住しているそうなのであまり関心はないということはないとは思います。